薬剤師がバイアグラについて考える

薬剤師と向き合って処方してもらうべき薬がバイアグラなのです。しかし、最近ではそのようなバイアグラが薬剤師の処方なしに購入出来てしまうという話しではありませんか。それが、インターネットによる個人輸入なのです。まさに個人輸入の時代が来たのです。まず、日本と海外の薬の管理が違うということです。日本が医師のもとしっかりと管理している薬が、海外では認可されて簡単にドラッグストアで購入することが出来たりするものなのです。だったら、日本が厳しいだけで、手に入るものなら安易な形でもって手に入れたいとも思ってしまいますよね。
そして安易な形で手に入れる方法までインターネットの発達によって見つかるようになったのです。それがインターネットによる個人輸入なのです。個人輸入の時代がやって来たのです。
・・・でもどうして日本で禁止されている薬がそのような形で安易に購入出来るという疑問も起きますね。ちょっと不思議な事態が起こってもいるようです。つまりインターネットが成したワザなのです。
正直言えば国はこの個人輸入のシステムにゴーサイン出している訳ではありません。それにゴーサイン出してしまったら、薬剤師と薬剤の関係が崩れてしまうではありませんか。
インターネットの時代が来て、どっといろいろな問題が浮上して、すべて解決していないのが現実であったりする訳です。これを人はグレーゾーンと言うのです。でも、海外ではちゃんと認可おりている薬を購入する訳ですしね・・・。しかし薬剤師の立場としましては・・・。

コメントは受け付けていません。