男性が裁判所に申し立て

本名が「王子様」だった男性が裁判所に申し立てをして名前の変更が認められたそうです。
母親がつけたらしいのですが、これを止められなかった父親と、そして最後の関門だった役所はなんなんですかね。
正気の沙汰じゃない。
せめて、「王子」だけなら漢字を見て自分にはわからない読み方があるのかもしれないですむでしょう。
でも「様」が入っているなんて信じられない。
現在18歳の彼は15歳以上なら自分で変更申請が出来ると知って行動を起こしました。
無事に変更出来て本当に良かったですね。
しかし離婚して再婚した母が生まれた弟にまたキラキラネームをつけたとのこと。
この母親は本当に頭がおかしい、自分勝手な人間です。
子供がかわいそうですけどこの兄が手助けをしてくれるでしょう。

コメントは受け付けていません。