寒暖差で異変

体感温度が25度を下がると人は温かいものを食べたくなるそうです。
25度を下回ることも増えてきましたね。
気温が急激に下がったり気圧も変動して体調に関係してきます。
台風、雨、カラッと晴れたりの寒暖差がある。
猛暑の期間が長ければ長いほど自律神経が乱れるて頭痛、肌荒れ、下痢、免疫力が低下してインフルエンザになったりします。
自分の意思とは関係なく、体の機能を調整している機能が自律神経です。
今は指先につけるだけで自律神経の乱れを判定することができます。
寝る前の10分がカギですので38度から40度のお風呂につかりましょう。
寝る前に目を閉じて深呼吸。
朝はきちんと朝ごはんを食べる。時間がなければ水一杯飲むだけでもまだマシです。