大きな予防効果

大きな予防効果は日ごろからの運動になります。
週に三回以上運動する人は脳卒中リスクが6割減少、脳出血は3割減ると言われています。
100歳を超えて血管はもつはずなので、予防が大切なんですね。
進化の弱点を補おうそする研究も進められています。
損傷した運動機能を再生させる幹細胞をつかったこころみがあります。
脳卒中で血管を損傷したところに幹細胞を送りこんで新たな血液を作り出そうとしています。
実際に歩くこともしゃべることもできなかった人が急速な回復を見せている
幹細胞で必要な毛細血管をつくり、神経ネットワークの再生につながる。
あらたな脳卒中の治療法です。
現代の豊かな生活は脳の暴走を止められずに脳卒中の引き金をひいてしまったのですから、自らがそれを食い止めるしかありません。