抗生物質を出しておきます

お医者さまはよくおっしゃいます。
「じゃあ、抗生物質を出しておきますね」と。
風邪をひいたら簡単に処方されるものです。
体の調子が悪くて病院に行くとお医者さまは診てくださいますよね。
病人はお医者さまの意見は正しいものであると受け取ります。
でもお医者さまも人間です。
ときには間違うこともあります。
似た症状は沢山ありますし、聞き取りが不十分で患者側がたいした情報じゃないと勝手に判断してお医者さまに打ち明けない症状があったり。
意図しないすれ違いはあります。
それの代名詞みたいに感じちゃうのが「抗生物質を出しておきますね」なんです。
以前、身内が抗生物質をだされただけで大変なことにあっていることも強いです。
トラウマとまでは言いませんが、好きにはなれません。