今年は義理チョコが少ない

在宅勤務が増えたために、今年は義理チョコが少ないという話題がありました。
コロナ過は全く関係なく、私の職場も義理チョコ制度が廃止されました。
女性が多いのでかかるお金は少なかったのですが、全くお返しをしてこない男性陣には見切りをつけました。
おそらくあちらだって迷惑だったでしょうしね。
一年に一回のコミュニケーションすら出来ない人ばかりです。
某大手ゲーム会社が「推しチョコやめて」と意思表示しているみたいですね。
生きていない存在しないキャラクターにチョコレートを送ってくる人がいることに驚きです。
チョコレートを用意して推しの写真とかと一緒に写真をとって自分で食べるということをしている後輩薬剤師Hさんの方がまともですね。

数秒だけの動画投稿

若者が使っているという数秒だけの動画投稿。
若い子って、いろいろやるのが好きですよね・・・。
芸能人でもないのに全世界に平気で顔をさらしちゃうところとか信じられないです。
私が若かったとしてもやりませんね。
でも髪型系は参考になるので見るようになりました。
私が見るのは主にハーフアップです。
あんなのよく考えますよね~ってやり方ばかりです。
人の髪の毛をするバージョンばかりで、私は自分自身の髪の毛をしたいのでなかなか参考になるのはありませんけども。
後ろ手にやるには理解していないと駄目ですからね。
あとは、原付バイクに乗るのでおだんごはできません。
人にやり方を見せる方法で撮っている人のはわかりやすくて良いですね。

座りっぱなしだと寿命が縮む

座りっぱなしだと寿命が縮むと言われても、座ってする仕事だしとても困りますよ。
筋肉というのは、ただ立っているだけでも働いているみたいですね。
バランスをとるために適度な負荷がかかっているからってことですけど、確かにそうですね。
もたれて座るとバランスをとる必要がなくなるので、全身の筋肉が使われなくなる!
体が楽、というのはそういうことなんですね。
筋肉量が減ってしまい、寝たきりにつながるというのは、ひとごととは思えませんよ。
自分だけじゃなくて家族の心配もありますからね。
まあ、今は中高年以上の人の方がちゃんと日常的に運動していますよね。
私の場合は座りっぱなしだけど、立ち上がることも多いのでまだマシかなと勝手に思っています。

柚子の練り香水

勢いで購入したものって、やっぱり後悔することが多いかなぁと思います。
先日、たまたまみかけたチラシに、柚子の練り香水があったんです。
香水は苦手な方なのですが、柑橘系はまあまあ好きです。
でもひとつしかもっていないんですよ。
加賀屋の練り香水は見た目たがものすごくかわいくて、ときめいてしまいました。
小さいながら、いや、小さいからこその可愛いパッケージと淡い色といい、練り香水が入っているケースもなにもかも可愛い。
マスクをしているので匂いをかげない。
さっと外して、ササっと嗅いでみて購入しました。
3つしかなくって、気に入ったのに追加で欲しいと思ったらないというのを避けるために二個購入。
でも今って、みんなマスクをしているので外出でつけても意味ないですよね。

新型コロナウィルスの話題ばかり

毎日、新型コロナウィルスの話題ばかりですが、やはりどこか遠いところであるという気持ちがありました。
同じ職場の、しかも隣りの席の同僚薬剤師さんに保健所から電話があり、濃厚接触者になったので検査を受けるようにと言われたそうです。
席の間には透明のビニールシートをぶら下げています。
緊急事態宣言あたりからしていて、定期的に交換もしています。
マスクはもちろんつけているし、一日二回、人が手を触れるところは当番制で消毒しています。
それでも同僚が陽性となったら、私達も検査を受ける必要がある。
そう聞いたときはゾッとしましたし、急に身近に感じるようになりました。
私の家族にも関わることですし、結果が出るまで落ち着きません。
結果は陰性だったけど、たまたま受けた時が陰性だった可能性もあり怖いです。

小さい子達とあそぶ

先日、短時間ですが友人の保育園に通う女の子たちと遊びました。
ワガママだけど可愛いので困っちゃいます。(笑)
誰におそわったのか、こちらを手招きして後ろを向いてオナラをふきかけるというワザを習得していました。
「くさい!!」と言うと、きゃっきゃと笑いながら喜びます。
可愛いけど臭いものは臭いです。
そんなこんなでゴールデンウイークが終了したわけですが、オナラの匂いがチョコレートになる錠剤があると知ってあの子達を思い出しました。
なによりもあの子たちが喜びそうだなとおもいましたが、本当にチョコレートの匂いがするかどうかかなりの時間が必要なので実際に笑いに変わるにはタイミングが難しいですね。
しかも3000円近くもするものなので試せそうにありません。(笑)

宅配需要が急増

宅配需要が急増しているようです。
もともと、私は利用していましたが家の中にいましょう、外には出ないようにしましょうなんて今の状況から考えれば増えることはあたりまえでしょうね。
郵便配達員さんたちが陽性になったり同僚が待機になったり。
スーパーで人があつまりすぎるので入場制限になると人がいるとか。
人が必要なところってたくさんあります。
飲食店などでバイトをしていた人が解雇されてしまって学費が払えない退学も考えている、なんて聞くのでその人達が需要がある仕事につけばいいのでは?
このウィルス騒ぎがなくなったら、働く人が多すぎるなんてことにももちろんあるでしょう。
そうならないように事前に短期限定にするとかすれば人は集まりそうだなと思いました。

デフフットサル

デフフットサル、という言葉自体をはじめて聞きました。
デフ、とは「ろう者」の意味があり聴覚障がい者のフットサルであり、競技中は補聴器を外すことが義務付けられています。
聴覚障害は身体的な障害ではないから、パラリンピックに参加出来ないんだ…。
そして競技人口が少ないのでデフリンピックの競技にも入っていません。
デフリンピックも初耳です。
強豪と言われるロシアを倒して世界で5位の成績なのに、自腹で60万円を払って出るとかものすごい大変ですよね。
助成金の対象外のため、渡航費、遠征費、合宿費はほとんどが選手の自己負担という決まりになっています。
スポーツを全くやらない私が言っても説得力がありませんが支援するべきだなと思いました。

髪の毛をひとつまみ

髪の毛をひとつまみすれば、毛先が枝毛だらけな生活をおくっています。
現在、髪の毛がバッサバサなんです。
小さいハサミとほどよい光があれば、枝毛を切り放題でまったく暇にはなりません。
気が付くと何時間もそのままチョキチョキできます。
これは髪の毛が長くてなおかつ枝毛がある人ならばわかると思いますよ。
時間が全くない人や超サラサラキューティクルのロングヘアの人には無理かもしれませんね。(笑)
いや、私だって時間がありあまっているわけじゃないですよ。
じゃあコレはどうだ。
試験勉強をしなければならない時に限って掃除ををしてしまうとか。
それと同じようなものですよ。
やるべきことはあるのに、ついついはじめてしまって止まらないという現象です。

ロボットを遠隔操作して接客

障害があることにより簡単に外出することが出来ない人がロボットを遠隔操作して接客するという取り組みを見ましたよ。
事故で体を自由に動かすことができなくなった人などです。
口で動かすマウスで操作をする人も働ける環境づくりは大切ですね。
小さいロボットの頭のところに、お客さんが見えるカメラがあります。
これはすごく良いと思います。
自宅から操作して、人と触れ合うことが出来るというのは必要ですからね。
しかし期間限定だということで、ちょっと残念です。
機械越しだったとしても人と触れ合ったりコミュニケーションを取るのは、気持ちの問題でも違うでしょう。
引き籠りの人の社会生活への手助けにもなると思います。
ぜひもっと活用してもらいたいです。